2000年1月、IT基本法に基づいて、IT戦略本部(本部長は内閣総理大臣)が「e-Japan戦略」を決定しました。同時に、戦略を具体化した[e-Japan重点計画]を明らかにしましたが、その一つに「すべての国民がITのメリットを享受できる社会」の構築が謳われています。
さらに、その中には「……すべての国民がインターネットを使いこなせ、多様な情報・知識を世界規模で入手・共有・発信できるようにする」という日本が今後IT国家として目指す、具体像が明記されています。私たちの生活はこの大きな波を受け、生活の基盤そのものが変わることは必定です。


東京パソコンS・Aスクール/東京情報科学技術専門学院は、こうした急速に加速する情報化時代に対応できる、ハイレベルな人材を育成することを最大のテーマに設立された、IT世紀のマルチナレッジスクール。ITに関するあらゆる知識や技術、そして資格取得のための、あらゆる学習環境を提供しています。現在、東京エリアと千葉エリアに多数のスクールを展開し、また多数のIT関連スクールをネットワークさせ、ITCグループ21を構築。時代の最先端の学習ニーズに応え続けています。
東京パソコンS・Aスクール/東京情報科学技術専門学院での学習に、ゴールはありません。学びたいと思うかぎり、学び続けることができます。指向テーマ、学習レベルに合わせて、つねに最適な環境が提供され、確実にレベルアップを続けることができるのです。「生涯学習」という新世紀のニーズに確実に応えるITスクール。ここにしかない学習環境があります。